ワイン&ブドウ品種

Katsuhiko HAGIHARA/ 萩原 克彦

Katsuhiko HAGIHARA/ 萩原 克彦

東京とルクセンブルクにて、ワインの輸入販売に従事する

ベルギー、ルクセンブルクの最優秀ソムリエと共にワインの目利き、販売、サービスを行う

Université du Vinで学び、フランス政府公認のソムリエ・カヴィストの資格を有する

現在はワインの輸入販売会社を立ち上げるプロジェクトを進めている

Étiquette Crémant

Notre Crémant de Luxembourg

クレマン・ド・ルクセンブルク:淡いゴールドの色調です。泡立ちは、きめ細かく、上品。留まることのない微細な気泡が立ち上ります。フルーティーさに加え、ブリオッシュやヘーゼルナッツのような香ばしい香りも感じられます。口に含むと、きりっと辛口。干しブドウや白桃のような心地よい風味が口いっぱいに広がります。

Auxerrois Étiquette Auxerrois

L'Auxerrois

オーセロワは、ルクセンブルクを代表するブドウ品種です。繊細なアロマ、その芳醇さ、その果実味がアペリティフや食事へと誘います。

日本食ですと例えば、穴子の白焼き(粗塩と山椒を添えて)、押し鮨(バッテラ)、枇杷のタルトなどと相性が良いです。

Pinot Blance Étiquette Pinot Blanc

Le Pinot Blanc

ピノ・ブランは、白い花を想わせるアロマの豊かさ、清涼感のあるシャープな後味が特徴です。テロワールの偉大さをワインで忠実に表現する品種です。華麗さに加え、素朴な美しさが人々の心をつかむ魅力としてワインの中で開花します。

Pinot Gris Étiquette Pinot Gris

Le Pinot Gris

ピノ・グリは、土壌の質に関して、気難しいブドウ品種です。

そのスパイシーなアロマは、豊かなアルコールとまろやかさ、素晴らしい味わい深さを連想させます。

Le Pinot Gris Etiquette Pinot Gris

Le Pinot Gris "Gris de gris"

除梗したピノ・グリを低温で果皮とともに果汁に付け込んでいるため、ワインはピンク色をしていて、飲む人を驚かせます。さくらんぼ、洋ナシ、カリンなどの白い果実の香りに加え、ピンクペッパー、シナモンが微かに感じられ、よりダイナミックな印象です。口に含むと上質な厚みがありますが、余韻には洗練された酸も感じられます。

 

Le Pinot Noir

ピノ・ノワール (赤ワイン):色調はアメリカンチェリーのようです。魅力的な香りは控えめで、グリオットチェリー、木いちごなどの赤系果実を想わせます。口に含むとビロードのようなシルキーな舌触りがあり、各要素のバランスが完璧にとれています。タンニンの質は良く、パン・デピス、こしょう、ローリエの風味が広がります。

 

ピノ・ノワール (ロゼワイン):きらきらと輝きがあり、レッドカラントを想わせる淡いピンク色をしています。清涼感があり、控えめな香りは、チェリーや木いちごに似ています。口に含むと、フレッシュでみずみずしい果実味が優しく感じられます。

 

ピノ・ノワール (白ワイン):輝きがあり、淡いサーモンピンク色をしています。果皮と果汁を触れさせることなくブドウは圧搾されます。ほのかにムスクの香りが感じられます。このワインの魅力である果実味と上品さは、このワインを飲む人に驚きと歓びを与えることでしょう。

Chardonnay Étiquette Chardonnay

Le Chardonnay

シャルドネ (オーク樽熟成):世界で最も栽培されているこの品種は、全てのテロワール、醸造技術に適合し、その真髄を引き出します。私たちの石灰質土壌では、白い花、ジュニパー、サンザシなどのアロマが際立ちます。口に含むと、エレガントで硬質な印象。燻したようなフュメ香が感じられます。オーク樽由来のタンニンによって余韻はより丸みを帯びた印象になります。

Riesling Étiquette Riesling

Le Riesling

リースリングは、最も日当たりの良い傾斜でじっくりと熟す品種です。

多彩なアロマを、僅かなニュアンスの違いで放ち、偉大なワインを生みます。熟成の頂点に達した時には、ほのかなスパイス香を帯びたフローラルなアロマ、上品なミネラルを解き放ちます。この品種の香りは、料理とのペアリングを素晴らしいものにします。

lieu-dit Remich Primerberg

ピンクグレープフルーツなどの柑橘類、マンゴー、ミネラルなどが強く香ります。

lieu-dit Wellenstein Foulschette

ユリの花、ジュニパーのアロマがあります。ミネラルは燻したような繊細なフュメ香として表れます。

Issu du lieu-dit Wellenstein Kurschels

エレガントで上品。料理とのペアリングに最適なリースリングです。

口に含むと、ミネラルと酸を強く感じ、シャープな印象が豊かに広がります。


Issu du lieu-dit Bech-Kleinmacher Naumberg

溌剌とした素晴らしい香り。主に白系果実のアロマが感じられ、ミネラルも微かにあります。口に含むと、心地よい酸が口の中をリフレッシュしてくれます。

Gewürztraminer

Le Gewürztraminer

ブドウがよく熟したタイミングでの収穫、除梗の後、低温での果皮浸漬を行うため、ゲヴェルツトラミネールはエキゾチックな風味が感じられる品種です。スパイスの凝縮したニュアンス、バラの花びら、ライチなどのアロマが特徴的で、とても香り豊かなワインです。

 

Auxerrois

Les Doux

ゲヴェルツトラミネール・ドゥは遅摘みブドウで造るまろやかで芳醇、しなやかなワインです。ライチ、アカシアのハチミツのアロマが感じられます。コクがありまろやか。余韻の長さは魅惑的です。

オーセロワ・ドゥ

ハチミツ、桃、煮詰めた柑橘の香り。口に含むと、豊かでバランスがとれています。爽やかな酸と心地よく続く余韻が印象的です。

これらの甘口ワインは、10℃に冷やして、アペリティフ、フォアグラ、(ブルー)チーズ、デザートなどと合わせることをお勧めします。

Prélude nanami

 

偉大なヴィンテージ2015年と2016年をブレンドした、フィネスと愛らしいフルーティーさを併せ持つキュヴェ。オーセロワの味わい、リースリングの爽やかさ、ゲヴェルツトラミネールの華やかなアロマを併せ持っています。リリースから間もなく、若いうちから楽しめるワインです。

Prélude ianira

 

偉大なヴィンテージ2015年と2016年をブレンドした、エレガンスと豊かなフルーティーさを併せ持ったロゼワイン。ピノ・ノワールの小さな赤系果実のアロマと、オーセロワのふくよかさを兼ね備えています。リリースから間もなく、若いうちから楽しめるワインです。

Domaine et Tradition

また、ドメーヌ・マティス・バスティアンは、1988年に創立された“Domaine et Tradition”の創立メンバーでもあります。この組織は、ルクセンブルク内外問わず、ルクセンブルク最高品質のワインのプロモーション、またその多様性の啓蒙、組織ロゴの普及を目的に掲げています。

“Domaine et Tradition”マークは、栽培から醸造まで通じた、とても厳しい品質基準を満たしたワインにのみ使用が認められます。長期熟成にも耐えます。

 

ラインナップはこちらです。

  • Auxerrois Domaine et Tradition
  • Pinot Gris Domaine et Tradition
  • Riesling Domaine et Tradition

 

 

Étiquette Elbling

Clos des Eglantiers

エルブリング・クロ・デ・ゼグランティエ

エルブリングは、最も歴史の古いブドウ品種のひとつです。多くの専門家も興味を持ったこの品種のもつ清涼感と酸味は味わいにも良い影響を与えています。日常的に楽しむ素朴なワインです。例えば、ムール貝の白ワイン蒸しに適しています。

リヴァネール・クロ・デ・ゼグランティエ

リヴァネールには、特有のカシスの蕾のアロマがあります。

飲む人を選ばない親しみやすいワインで、若いうちから楽しめるワインです。牛肉やジャガイモを使ったルクセンブルクの郷土料理と相性が良いです。